水没したら?まずすべきこと

まずは拭いて乾燥させる

水没してしまったら、精神的な焦りでパニックになる場合も多いですが狼狽している暇はありません。即座に浴槽はもちろん、例え水洗トイレの中であっても取り出します。水に浸っている時間が長くなるほど、故障に近づくのは明白です。
取り出した後は、なるべくiPhoneを動かさず目に見えている水滴を拭います。変に動かしてしまうと、内部に水を広めてしまう可能性があるので注意したいです。そして、SIMカードを抜き取ることも忘れてはならず、紛失しないように保管します。
水没後は電源が落ちている場合が多いですが、もしONになっている場合は直ちにOFFにします。そして、風通しの良い場所に数日置いて乾燥したと思われるタイミングで再びONにしてみます。

駄目なら修理店に依頼

乾燥させた後に電源がついて正常に操作できるのであればセーフだと言えます。後に何らかのトラブルが発生する可能性も否めませんが、窮地を脱したと言えます。残念ながら、乾燥させても全く動かないというパターンもあり得ます。その場合は素人が分解すると大変危険なので修理店に依頼します。修理店に依頼すれば絶対に直るという訳でもありませんが、致命傷でない限り助かる可能性が高いです。
水没というのはiPhoneにとって非常に負担が大きいので、助かるか否かは運による要素も大きいです。iPhoneにひび割れが入っていたらそれだけ危険度が大きくなりますし、気付かずに水没していた場合も厄介です。とりあえずできることを慎重に行うしかありません。

街中にあるiPhoneの修理店なら現行機種で無いiphone5sの修理も行う事が出来ます。iPhoneの端末は非常に高価なので性能に不満が無いなら修理が割安です。