日常的に使うものだけに注意したい!iPhoneの水没

うそっ!iPhoneを水没させてしまった!

皆さん、iPhoneは今や必需品ですが、まさかそのiPhoneを水没させてしまったら!なんて考えたことありますか?実はこの水没意外と多くの方が経験しているのです。一番多いのが水洗トイレで落としてしまったり海やプールで落としてしまったり。またポケットに入れたまま洗濯をしてしまった!なんてこともあるかもしれません。お風呂に持ち込んでる人の場合は湯船に落とす事も考えられますね。
もう絶望だ~と頭は真っ白、まずは中のデータの事などが気になりパニック状態になる事でしょう。でも落ち着いて対処をすれば実はほとんどの事例で復活させることが出来るのです。
その前に、普段からそうなったときの為にこまめにバックアップはしておいておくのが基本です。

iPhoneの水没も早めの対応次第で復活する?

一番やってはいけないことを、正しいと思ってやっている人が多いのが、ドライヤーで乾かす方法。これは間違いです。内部の腐敗を早めるだけの行為です。もちろん電子レンジでなんて、もってのほか。またやみくもに振ってしまうのもいけません。他の部品にまで水が広がる可能性があります。そして充電器に差し込んだりする事もNGです。こちらはショートする恐れがあります。焦って自分のなかで知っているありとあらゆる行為をしようとしがちですがとにかくここは落ち着いて行動することが後々の復活率が大いに変わってくることを忘れないで下さい。ただしこの場合でもあくまで水に落とした時です、ジュースやコーヒー、海水などでは水没とは言わないのでご注意を。 まずは電源を落としてから本体の水分をふき取り、早めにショップに持っていく事が先決です。

iPhoneが水没した場合も専門の業者さんに依頼することによって、データを消去することなく復元することができる場合があります。