どこまで復活できる?水没したiPhoneのデータ

論理破損で済んでいれば完全復旧可能です

iPhoneの歴代機種は、防水機能が付いていなかったので、一度水没させてしまった際にはいち早く水没修理に対応したiPhone修理専門店へ持ち込む必要があります。正規修理サービスプロバイダへの持ち込みを行った際には、クラウド上または自宅のPCに保存したバックアップデータから復旧するために、本体のみ修理または交換することになります。
非正規店へ持ち込むと、一度内部の分解クリーニングをした上で、物理破損が見られなければ論理破損修理の専用ソフトを使って内部のデータを読み込める状態に復旧可能です。新しいiPhoneを購入してデータを移動させるか、データ復旧のみで同じiPhoneを使い続けるのかは、自由に選べるわけです。

物理破損をしていたら見積額次第で判断しよう

水没させたiPhoneの内部基盤がショートしている場合には、データ格納領域へのアクセス手段が途絶えている状態です。非正規修理店へ持ち込んで、内部クリーニングを実施した上で物理破損を起こしている箇所を特定し、修理見積もり金額次第で復旧作業を依頼するか決める必要があります。
iPhoneの内部データは、PCと同期して常にバックアップを取得するように設計されているので、PCへの同期またはクラウド上へのデータ預入を行っていない限りは、物理破損を修理しないとデータ復旧は望めないでしょう。記憶媒体が内蔵されているので、外部記憶メディアを搭載していないことから、バックアップの重要性を認識することとなるわけです。

iPhoneのバッテリーの減りが早いときは、バックグラウンドの処理を制御して使っていないものはアプリごとオフにしてしまうと便利です。