これやっちゃダメ!完全復旧に備えて

iPhoneを無理矢理開けようとしないこと

iPhoneをうっかり便器の中などに落としてしまった場合、パニックになり、やってはいけない動作を試してしまうことがあります。しかし、そういった動作を試すことで完全に壊れてしまい、普及できなくなることがあるので注意しましょう。では、具体的にiPhoneを水没させてしまった場合、してはいけないことはなんでしょうか。
まず、水没したら中の基盤も濡れて駄目になると考え、無理矢理、iPhoneを開けることは避けましょう。iPhoneを開けるには特殊なドライバーが必要で、そのドライバーがないのに開けようとすると壊れてしまいますし、素人が開けてもできることはまったくないからです。また、開けていろいろと分解していったら元に戻せなくなってしまったということもあり得ます。

水没後に電源のオンオフを繰り返すことは避ける

次に水没させたあとも正常に使えるのかを確認するため、電源のオンオフを繰り返すことはやめましょう。水没したときに一番やってはいけないのは、電源を入れることでショートさせてしまうことです。そうすると基盤が駄目になってしまうので、修理が難しくなってしまいます。もし、電源が入っている状態で水没させてしまった場合は速やかに電源を切り、タオルなどで表面を拭いて、十分に乾燥させてから修理業者に送るようにしましょう。電源が入っていない状態で落とした場合は、電源さえ入れなければショートする可能性が低いので不幸中の幸いといえます。その場合は、そのまま電源を入れずに修理業者に送りましょう。
業者への送付はできるだけ早い方がいいです。

iPhoneの画面割れで修理しなければならないとき、必ずしも修理店に持っていく必要はなく、自己責任にはなりますが専用の器具を使えば自宅での修理も可能です。